ページTOP

株式会社ハッピーワンダフル|川口市、戸田市、蕨市、さいたま市、草加市で介護情報をお探しなら

介護用住宅改修

手すりやスロープなどの福祉用具で取り付けの際に工事が必要なものについては、介護保険制度を利用してのレンタルは出来ません。そのかわりに介護保険制度では工事の必要な福祉用具の取り付けや、下記項目の住宅改修に対し、要介護度ごとの毎月の利用限度額とは別に、20万円を上限として1割~3割※のご負担で介護や介護予防の為の住宅改修ができます。(20万円を超える部分については全額自己負担になります)
※負担割合は所得によって異なります。
利用は原則として1回ですが、20万円の範囲内であれば数回に分けての工事も可能です。また、要介護度が3段階以上上がった場合や転居した場合は再度利用できます。
ご利用につきましては担当のケアマネージャー、またはお住まいの市区町村窓口へご相談ください。

支援対象となる住宅改修

1.工事を伴う手すりの取り付け
2.段差の解消
敷居を低くする工事・スロープの設置・浴室の床、浴槽のかさ上げ 等
3.滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料変更(床の張替え)
4.引き戸等への扉の取り替え
扉全体の取り換えの他、扉の撤去、ドアノブの変更、戸車の設置等も含む
5.洋式便器への便器の取り替え
6.その他、前各項目の住宅改修に付属して必要となる住宅改修
手すりの取り付けの為の下地補強、扉の取り換え工事に伴う壁又は柱の改修工事 等